施術の早さも安さに繋がる

まず、施術の早さが安さに繋がる、という点についてです。そもそも、まず施術を早くするのか、ということを考えると自然と分かるかと思います。施術をしてもらう側としては、施術に時間をかけてもらった方が嬉しいに決まっています。しかし、サロン側からしてみると、どのお客様にも同じ量の消耗品や設備を使う場合、一人の人の何時間もかけていると、お店の回転率が悪くなってしまい、利益を上げるのが難しくなってしまいます。

しかし、回転率が悪くなったとしても、丁寧にしっかりと施術を行って利益を上げる方法はあります。単純に一度の料金を上げるだけです。値段が2倍になれば、2倍の時間をかけることができると思えば、非常に単純なことですね。

ですので、安いサロンのお店の場合は、安さを売りにしている場合が多いので、値段の安さを目的にしている人達を1日にたくさん施術しなければ、利益を上げられません。先ほどの例に合わせてみると、2倍の値段を取っているサロンに追いつくためには、同じ時間で2人、さらに利益を上げたいなら、3人でも4人でも施術をしなければなりません。

サロンにとっては嬉しいことに、施術を安い値段で受けたいという方は今の日本にはかなりの人数がいますので、回転率を高めるだけで、かなりの利益を上げられます。当然、それに反して施術のクオリティが落ちることや、エステティシャンの負担も増えるので、解決すべき問題はいくつもあります。問題はさておき、施術の早さが、値段の安さに繋がるのにはこのような理由があるのです。